尼崎文化協会は、尼崎の文化の向上発展をめざす団体です。
その目的を達成するため、文化一般に関する研究・調査を行ない、
また、その発展に資する、さまざまな事業に取り組んでいます。
私たちと一緒に、尼崎の文化にふれ、学び、親しんでみませんか?

尼崎市立歴史博物館所蔵「尼崎城下風景図」

 
2025_edited.jpg

尼崎文化協会について

尼崎文化協会会長 和田桐山

尼崎文化協会は設立から74年が経過しました。尼崎の歴史を語る会に始まり、様々な文化について関わってまいり、一昨年には150年ぶりに尼崎城が再興され、他市に誇れる文化資産が出来ました。他地域及び市内他団体との交流も含め、新しい尼崎の文化の発展に寄与したいと考えております。

 

当会の活動

令和4年度事業計画

1.基本方針
(1) 創立以来70年に及ぶ当協会の歴史と業績をふまえ、文化活動に対する会員自らの知 見を高めると共に、会員相互の親睦を深める。

(2) かねてから当協会と関係の深い尼崎市、阪神文化振興団体連絡協議会、尼崎商工会議所(文化・サービス部会)、市内文化諸団体などとの連携を図りながら、さらに有効な文化活動を推進する。

2.具体的事業

(1) 当協会と関係があり歴史と由緒のある桜井神社、貴布禰神社や、近松文化(近松記念館、広済寺)、大物薪能、契沖の会などの古文化の奉賛ならびに郷土伝統芸能の継承保存に努める。

(2) 文化や美術に関する展示会、お茶会などのほか、近隣史跡の見学会、関係する神社参拝、講演会などを適宜開催する。

(3) 尼崎叙勲者清風会との事業連携を図る。

(4) 平成30年以降の継続事業として、近世尼崎藩に於ける戸田氏鉄公につづく藩主青山諸公(4代76年間)及び櫻井松平諸公(7代158年間)の事績について、研究学習する。

(5) 尼崎文化協会の活動、情報を発信するため、ホームページ等を充実する。

(6) 当協会会員の増強を図るとともに、さらに組織の充実と財政基盤の確立に努める。

(7) 修復工事完成後の唐招提寺御影堂等の見学。

(8) 契沖の会との連携を深めるため、当会の「協働団体」とする。

                                              以上

 

尼崎の歴史と文化財

戸田氏鉄顕彰碑.jpg

〔解 説〕

尼崎城は大阪城の西の守りとして、徳川家譜代の戸田左門氏鉄(うじかね)が築城したもので、尼崎藩初代城主となりました。戸田氏の功績はこれだけではなく、むしろその後に神崎川の支流の幅を広げる改修工事によって洪水の被害を減らしたことの方がより大きく、戸田左門氏鉄の名に因み左門殿川(さもんどがわ)として市民に親しまれております。この碑は尼崎城再興工事完成の前年に建立しました。戸田家は岐阜大垣の地で明治維新を迎えられ、その後維新政府の命で東京に移られていますが、大垣市各団体とも今後交流を進めたいと思っています。

大覚寺聖天堂.jpg

〔解 説〕

尼崎藩二代目、青山藩初代・青山幸成(よしなり)候は徳川幕府老中として活躍され、江戸・青山家下屋敷は広大な敷地を幕府より与えられました。
尼崎青山家の家紋は"無紋銭"と共に大覚寺の寺紋"葉菊紋"をお使いになったと伝えられています。新城築城により大覚寺は現在の寺町に移り「尼崎藩御祈祷所」を命ぜられ、藩主・藩領などの安寧豊楽(ぶらく)を祈願しました。
この時に建てられたお堂が現在大覚寺境内に残っています。これが"聖天堂"です。現在の建物は青山公の南蛮造りを念頭に於き、昭和27年、渋谷五郎氏設計により再建されました。
〔参考文献〕 

 渋谷五郎・長尾勝馬共著「日本建築上・下」

 学芸出版
大覚寺住職 岡本元興氏記

博愛の碑.jpg

〔解 説〕

尼崎藩松平家七代目にして最後の藩主である忠興(ただおき)は、明治維新後本貫(ほんがん)の地である三河国桜井の地名をとって櫻井氏と改姓し、大神(おおみわ)神社(奈良県)の神官を務めました。明治10年(1877)、西南戦争の惨状を知った忠興は神職を辞して上京し、日本赤十字社の前身である博愛社の創設に尽力したばかりでなく、九州の戦地に赴き官軍・旧薩摩藩士族軍両軍の負傷兵救護に尽力しました。その博愛の精神は、今日の日本赤十字社に受け継がれています。

田能遺跡出土遺物.jpg

〔解 説〕

昭和40年(1965)、尼崎市北西部の田能(たの)の地の工業用水道工事現場で、田能遺跡が発見されました。弥生時代全期を通じて大規模な農業集落が営まれ、住居祉や銅剣鋳型、墓棺や人骨、装飾品である碧玉製管玉(へきぎょくせいくだたま)や白銅製釧(くしろ)など、貴重な弥生時代の遺物が多数出土しています。

出土遺物は昭和45年に設けられた市立田能資料館に収められ、史跡公園とともに尼崎地域の古代史を学ぶ場として、児童・生徒を始め多くの人が訪れています。

貴布禰神社.jpg

〔解 説〕

西本町貴布禰(きふね)神社の発祥は、現長洲中通に位置する長洲貴布禰神社と伝えられます。中世尼崎町の発展により、同社から分祀されたと考えられ、その故地は庄下川(しょうげがわ)東岸、近世尼崎城の西三の丸にあたっていました。築城とともに城下の西側に移され、正徳5年(1715)には城下西端の宮町(現在地)に移転しました。旧尼崎城下の総氏神として、歴代尼崎藩主の崇敬も厚かったといいます。

同社の夏祭りは辰巳太鼓と八町のだんじりが繰り出し、暴れ太鼓の宮入りと、勇壮なだんじりの山合わせで知られています。

境内には、いずれも尼崎藩松平家ゆかりの白波稲荷神社と愛敬三社(あいけいさんしゃ)をはじめ、境内社7社が合祀されています。

大塚醤油引札.jpg

〔解 説〕

大物(だいもつ)町の老舗醤油醸造元、大塚茂十郎本店が得意先に配った、明治期頃の引札(ひきふだ)です尼崎市立歴史博物館あまがさきアーカイブズ所蔵)

近世後期から昭和戦前期、旧尼崎城下では、広く海外にまで流通する芳醇な生揚(きあげ)醤油の醸造が盛んでした。特に大物町が生産の中心地で、大物川沿いには醤油蔵が軒を連ねていました。

一時期生産が途絶えていた生揚醤油ですが、尼の生揚醤油保存会の手で「尼の生醤油」として復活され、尼新実業(株)で販売されています。

~魅力再発見~阪神間モダニズム
2022年10月15日~12月11日に実施される催しのご案内です。

阪神間モダニズム.gif

阪神地域オープンミュージアム
2022年10月7~9日に実施される催しのご案内です。

阪神地域オープンミュージアム.jpg
 
 

お問い合わせ

尼崎文化協会 事務局 田中正喜

入会ご希望の方は、お問い合わせください。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon

関係機関・連携団体様へのリンク

©2021 by 尼崎文化協会。Wix.com で作成されました。